年明けに恋人の家に娯楽に行ったときのことです。恋人のお父さんは本読みが大好きで、書房で借りて来たり古本屋で買ったりして、各種本を読んでいる。主に掴むのは壮健に対する本として、人々におけるひとつの壮健体操を教えてくれました。それは、「あいうべ体操」という口の体操でした。口を激しく開けて、あー、いー、うー、べー(舌を打ち出す)って移すだけの体操なのですが、お父さん曰く免疫が高まってインフルエンザの防衛効果があるに関してでした。インフルエンザにかかりやすい時機もあったので、それからは家でやるように努めました。そのお陰かインフルエンザにはかかりませんでした。はからずも気になってその効力を、目下自分でもネットで調べてみました。以外にもたくさんのページが当たりし、あいうべ体操が世に大きく知られていることに驚きました。お父さんの明かしでは、小学生で取り入れたら効力があったといった本に書いてあったに関してだったので、なかなかキッズやお婆さん仕様なのかなぁとしていたからだ。ページを一種見てみた店舗、インフルエンザの他にもたくさんのことに効果があるとあり更に驚きました。いくつか挙げると、いびき、小面持ち、口臭、歯ぎしり、スキン炎、アレルギー性鼻炎、アトピーなどです。口が解き放ちっぱなしだったのが閉めるようになり、その結果、体に良い効き目がはたらくのだそうですが、うつ病にも効くとあり、またまた驚きました。これからは家でちゃんとデイリー決めると思います。願わくはみなさんもお試し下さい。