ようやく、36年代の誕生日を迎えてしまった。若い頃は、誕生日の前の月々から誕生日が来るのを心待ちにしていました。誕生日貰いものの代わりに手にするものは、しみ。こういうしみが朝から自分をメランコリーにさせて掛かる。しみがあるという鏡が見れない。自分の表情を鏡で見るとゾッとしてしまいます。友人の結衣は、以前から、栄養剤を飲んでいた。自分は「そんなものに頼らない」って強気でいた。ただし、断念してサプリメントを通じてみることにしました。結衣がはまっていらっしゃるサプリメントは「のに」だ。「のに」はアミノ酸などお肌に良いだけではなく、妻ホルモンを調整してくれたり、体調が温まり、つまり、血行が良くなるようです。疲労分裂や不眠症にも良いそうです。それは誠に「のに」の原材料の中には、140種別以上の養分が含まれているそうです。常識から作り出されたサプリメントだから安心です。ビタミン剤を服用するだけでは、私のしみは治らない。レーザーや美貌点滴もあるけれど恐いし、費用が心配です。140種別の養分を、多種別の根底を使えるハズなどない。段々、栄養剤が嫌いだった自分が、サプリメントの性質にはまりました。私のしみは肝斑だそうです。知らないうちに体調を労らず過ごしてきたようです。これをきっかけに、体内をおオーバーホールしようと思います。交代が上がれば毒もどっかへ消えてもらえる気がします。サプリメントを嫌っていた自分はサプリメントを呑み続けます。だって結衣は、はつらつやるだし。鏡を見て味わえる日光がくる。自分はおそらく、体内からキレイに生まれ変われる。